JSCAST

JSCASTは、NEDO(通産省 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の予算を用いたプロジェクトで産官学連携のもとに開発した革新的な鋳造方案シミュレーションソフトを基に、

弊社とクオリカ株式会社およびMultiflowが協力して発展させた高精度な物性値データ、豊富な検証実験データに裏づけられた高速・高精度な世界最高水準のシミュレーション・コードです。

 

アイ・イー・ソリューション㈱とMultiflow社は、主にソルバーの開発を、クオリカ株式会社は主にプリ・プロセッサーおよびポスト・プロセッサーを担当しています。

 

 

 

プリ・プロセッサーは、形状創性、要素分割、物性値、境界条件、初期条件などを入力する部分と物性値データベースから構成されています。

ソルバーでは、入力データを基に、湯流れや凝固、鋳造欠陥などを計算し、結果をポスト・プロセッサーに送ります。

ソルバーには、下記のようなものがあります。

・湯流れシミュレーション・ソルバ
直交要素および曲面対応規則・不規則要素に対応できます。表面張力を考慮することもできます。

・凝固シミュレーション・ソルバ

凝固の進行に伴う温度、固相率の変化および引巣パラメータを計算します。

・球状黒鉛鋳鉄シミュレーション・ソルバ

黒鉛成長と膨張を考慮して温度変化やひけ巣を定量的に推定します。

・ガス巻き込みシミュレーション・ソルバ
鋳型からのガスの逃げを考慮して湯流れ時のガス巻き込みを推定できます。

・その他

ダイカストのスリーブ内の流動、消失模型鋳造のシミュレーション等、種々のシミュレーション・ソルバがあります。

ポスト・プロセッサーでは、ソルバーで計算した結果をディスプレイ上に表示したり、印刷情報をプリンターに送ります。

 

NEDOプロジェクト

新規産業創出型産業科学技術研究開発事業「革新的鋳造シミュレーション技術開発」平成11-14 年度

大阪大学 大中逸雄教授がプロジェクトリーダ、同野城清教授がサブリーダとなり、北海道大学、クオリカ株式会社、、IHI,川崎重工業、クオリカ株式会社などが参加して、

鋳造過程のシミュレーション技術の確立を図り、鋳造における生産性向上、低コスト化、開発期間の短縮化、高品質化などを実現し、鋳造産業の振興に資することを目的として、

シミュレーションや物性値測定などに関する研究・開発が実施されました。